診療科のご紹介

斜視とその手術について

斜視とは

両眼の見る方向がずれていることです。常になっているものを「恒常性斜視」、常にではなく、時々ずれることは「間欠性斜視」(斜位)と言います。
斜視の種類には、内側を向いている内斜視、外側を向いている外斜視、上下にずれる上下斜視があります。水平斜視(内斜視、外斜視)と上下斜視が合併していることもあります。

斜視の原因

斜視の原因は、生まれつきのものと、途中から出てくるものがあり、眼球を動かす筋肉や神経の病気や屈折異常、両眼視の異常、視力低下などさまざまな原因があります。
治療を行う際には、視力検査をはじめ、眼科的な検査だけでなく、CTやMRIなどの画像診断を行ったり、採血などの検査を行う場合があります。

斜視の症状

斜視の代表的な症状は、物が二重に見えたり、斜めに見えたりすることです。二重に見えるものをひとつに見ようと、疲れやすくなる場合があります。
また、時々ずれる間欠性斜視の場合は、二重に見えることが少なくても、眼精疲労が強くなる場合があります。
これらは、もともとの視力や両眼視の状態によってかわってきます。

斜視の治療

治療は、斜視の種類と、年齢、視力や両眼視によって、それぞれ異なります。

  • 屈折異常(近視、遠視、乱視)の矯正:眼鏡やコンタクトレンズなど
  • プリズム眼鏡、フレネル膜プリズム眼鏡など
  • 斜視手術 ※当クリニックでは局所麻酔で手術します。(小児、または全身麻酔が必要な場合は北里大学病院などに紹介)
    治療方針については、斜視専門医師と視能訓練士と一緒に治療計画を立てていきます。
斜視の手術

当クリニックでは、毎月第2・4火曜日午後に斜視手術を行っています。(変更もあります)
手術は1泊入院で行います。手術日に入院し、翌朝、検査と診察後、退院となります。
手術時間は30分~1時間程度です。局所麻酔で行います。

斜視外来での注意事項

斜視手術が必要と考えられる場合、斜視の専門医の外来を受診していただきますが、基本的には毎日相談をお受けします。ただし、斜視に関わる検査項目が多いため、予約外で受診されますと、その日のうちに検査と診察が出来ない場合もありますので、必ず、受診日をお問い合わせいただくようにお願いいたします。

PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学附属横浜クリニック 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6

Copyright © Kanagawa Dental University Yokohama Clinic. All Rights Reserved.