診療科のご紹介

マルチブラケットによる目立たない歯列矯正

舌側矯正歯科装置

個々の患者さんごとのブラケット調整

歯の裏側の形態は表側のように平面ではなく一定していないため、それぞれの患者さんに合うようブラケットの内面を調整し装着する必要があります。当院では歯列模型の三次元診断の結果をもとにブラケットを調整し、適切に位置付けております。

  • 歯列の型を取り、三次元分析を行い治療目標としての歯列弓のテンプレートを作成します(2)。
  • 歯列石膏模型を分割後テンプレートに合わせ、治療後の歯列模型を作製します(3)。
  • 模型上で最終的な矯正ワイヤーを作製し、ブラケット内面を調整します(4)。
  • 出来上がったブラケットがきちんと歯に装着されるよう、歯の噛む面にコアを作製し(5)技工操作を終了します。
  • ブラケットは接着剤で各歯に装着され、歯冠コアを撤去し矯正治療が開始します(6)。
ブラケット ブラケット治療後
PAGE TOP

透明なマルチブラケット装置

一般的に全ての歯の表側にブラケットを装着する装置を、マルチブラケット装置と呼んでいます。ブラケットは通常金属性でありますが、患者さんの審美面の要求からプラスティック性やセラミック性の審美ブラケットが開発されてきました。審美ブラケットは金属性と比べ機能面でやや劣ることが指摘されていましたが、近年の歯科技術の進歩によりほとんど遜色ない製品が供給されるようになりました。

当院ではより快適に矯正治療を受けていただけるよう、前歯はセラミック性の審美ブラケットを使用することを標準としております。

セラミック性の審美ブラケット
PAGE TOP
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 採用情報

神奈川歯科大学附属横浜クリニック 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6

Copyright © Kanagawa Dental University Yokohama Clinic. All Rights Reserved.